腱鞘炎

秋田市の皆さまへ!こんなお悩みはありませんか?

  • 手首の親指側が腫れて痛みがある
  • 手の関節が動かしづらい
  • ペットボトルを開ける動作で痛みが出る
  • パソコンや楽器の演奏などを日常的に行う
  • 手首の不自由で生活への影響を感じている

腱鞘炎って何?原因は?

私たちの身体には、関節を動かすための筋肉があります。その筋肉と骨をつなぐ組織を「腱」といい、腱が通るトンネルである「腱鞘」が何らかの原因で炎症を起こして厚く狭くなってしまい、腱がスムーズに腱鞘を通過できなくなってしまった状態を「腱鞘炎」と呼びます。

特に多いのが手や指の腱鞘炎です。多い原因には、スポーツや仕事などで手・指を酷使することによるオーバーユースや、ホルモンバランスの乱れ(エストロゲンの減少)などが挙げられます。近年では、スマートフォンの長時間利用を原因に発症する人も増えています。

腱鞘炎を放っておくとどうなるの?

腱鞘炎に対して適切な処置をせず放っておくとばね指という治りにくいケガに移行してしまう場合があります。

ばね指の詳細はこちら

ばね指は「指の腱鞘炎」と呼ばれ、スムーズに指を伸ばす事が出来なくなってしまいます。。ばね指に移行してしまうと最悪の場合、腱鞘を切開する手術を行わなければならないケースもあり、日常生活にも支障をきたしますから、そうなる前に早めにアプローチを行うことが必要です。

にこにこ鍼灸整骨院の腱鞘炎の施術

秋田市のにこにこ鍼灸整骨院では、まず炎症を抑えるためにハイボルテージ・超音波を行います。程度によってはテーピングで固定も行います。

また、腱鞘炎は手首や指だけではなく前腕からしっかりとケアを行う必要が有りますので、ストレッチ指導も行わせていただきます。

秋田市で手首や指の痛みにお悩みの方は、早めににこにこ鍼灸整骨院までご相談下さい。