腰椎すべり

秋田市の皆さまへ!こんなお悩みはありませんか?

腰の痛みイメージ

  • 足腰に痛みやしびれがある
  • 薬を飲んでいるが不調が良くならない
  • 歩くと痛みやしびれが強くなる
  • 腰を伸ばす動作で痛みがある
  • 他の整骨院に行ったが変わらなかった

腰椎すべりとは

背骨 イメージ脊椎(背骨)は頚椎、胸椎、腰椎、仙骨(仙椎)、尾骨で構成されています。

その中でも、腰椎(腰の骨)は第1~第5腰椎まであり、身体の横から見ると前に反っています。加齢とともに椎間関節や椎間板と呼ばれる部位が変性してしまい、腰椎にズレが生じてしまうことがありますが、この状態を腰椎すべりといいます。
腰椎すべりには、腰椎が前方へずれる「前方すべり」、後方へずれてしまう「後方すべり」があり、多くが前方すべりになる傾向にあります。

大別すると【①分離すべり】【②変性すべり】【③形成不全性すべり】の3つのタイプに分けられ、それぞれの原因について事項で説明します。

腰椎すべりの原因は?どんな不調があらわれるの?

【①分離すべり】

脊椎分離を起因とするものです。腰椎の部位に疲労骨折があり、椎間関節の基部の骨が分離する状態をいいます。
腰椎の疲労骨折は、身体を後ろに反る動作・腰を回す動作などが繰り返し行われることで、腰椎に過剰な負荷が長期的にかかることで生じます。

骨の成長過程である10代の成長期に多くみられ、スポーツ選手にも好発します。

【②変性すべり】

加齢に伴って椎間板や椎間関節が変性してしまい、不安定となり椎体のズレが生じてきます。このような状態を変性すべりといいます。
中年以降、特に女性に多くみられます。
分離すべりほど高度のすべりを呈しませんが、脊柱管狭窄を伴うことが多い傾向にあります。

【③形成不全性すべり】

生まれつきの脊椎(背骨)の問題によるものです。非常にまれで、比較的若いうちに発症します。

 

腰椎すべりになると、腰痛、下肢の痛みやしびれなどがあらわれ、酷くなると歩行困難になるケースもあります。

保存療法が一般的であり、痛みが激しい場合は、服薬による痛みのコントロールも大切です。

適切なアプローチをせずに放置してしまうと、腰椎のすべりが強くなることで神経に触れてしまい、麻痺や感覚障害などを起こしてしまうこともあり、早期の対処が重要です。

なかなか回復しない場合、先天的な要因による場合などは外科的な処置が必要になる場合もあります。

秋田市にこにこ鍼灸整骨院では

秋田市のにこにこ鍼灸整骨院では、カウンセリングと検査から原因を判断し、お身体の状態に合ったオーダーメイドの施術プランをご提案させていただきます。

病院での保存療法が終わった後も残る慢性的な痛みなどに対し、ハイボルテージ、微弱電気、干渉波、超音波機器等を使い分けて適切にアプローチいたします。

腰椎周囲の筋肉が硬いことで関節に負担が大きくかかっているケースもありますので、その場合は「筋肉調整」で緩めていきます。

また、姿勢が良くない方は筋肉が正しく使われておらず、関節や他の筋肉に負担が大きくかかっている場合があります。不調の原因の1つに姿勢不良が考えられる場合には「骨格矯正」も重要になります。

現在お薬だけでなかなか良くならない方、他の整骨院に通っていても不調が回復しない方など腰椎すべりにお困りの方は一度、秋田市のにこにこ鍼灸整骨院へお越しください。