膝の痛み・変形性膝関節

秋田市の皆さまへ!こんなお悩みはありませんか?

  • 膝の痛みで正座ができない
  • 膝の痛みで長距離を歩けない
  • 階段の昇り降りが辛い
  • 膝に溜まった水を抜くことを繰り返している
  • 変形性膝関節と診断された

膝の痛みはなぜ起こる?

膝の痛みは”高齢者に起こるもの”と思われがちですが、どの年代にも起こりやすい身体の不調の一つです。

原因は体重の増加による膝への負担、スポーツによる怪我、日常生活における膝の酷使、加齢による軟骨のすり減りなどさまざまです。

膝の関節内や周辺には筋肉や靭帯、軟骨などがあり関節を支えています。「半月板」と言われる膝の軟骨の中には、痛みを感じる神経はありません。膝の軟骨がすり減るだけでは痛みは感じない事になります。

膝の軟骨がすり減るほどの負担が繰り返し膝にかかることで、周辺の筋肉や靭帯が動きづらい状態になり、筋肉が緊張したり炎症を起こすことで痛みへと繋がるのです。

中高年に多い「変形性膝関節」

変形性膝関節とは、半月板がすり減ることで膝を曲げたり伸ばしたりといった動きが悪くなり、痛みや腫れを引き起こす病気です。

中高年に多い原因としては加齢による老化現象、肥満による膝関節への負担、運動不足による筋力低下、女性ホルモンの影響、O脚などさまざまです。

変形性膝関節の経過

初期では、起床時や長時間イスに座った後などの動き始めに膝が「チクッ」と痛む、こわばる感じがします。進行すると、しゃがむ、正座をするなど、膝の曲げ伸ばしをした際に痛みを感じ、階段昇降が困難に感じ始めます。

さらに進行すると、少し歩いただけでも激しく痛み、外出もままならなくなります。膝の痛みだけではなく筋力低下を招き、日常生活が阻害されてしまいます。

一般的な膝痛の施術

膝の痛みは患部のみの施術や筋肉を緩めることで一時的な回復は期待できます。しかし、多くの方は再発を繰り返しています。

なぜなら、膝に痛みは患部やその周辺だけでなく、広い範囲の筋肉の緊張骨格の歪みによるものだからです。

一般的に、整形外科では患部に注射をしたり水を抜いたりする処置、整骨院では電気施術や温めを行います。方法は違いますが、これらに共通しているのは患部のみにアプローチを行うことと、再発してしまうことです。

にこにこ鍼灸整骨院では

にこにこ鍼灸整骨院で行うのは患部のみの施術ではありません。

1.骨格に問題が無いか歪みをチェックし、問題があれば「骨盤矯正」を行います。

2.筋肉の緊張を「筋肉調整」で緩めていきます。

3.敏感になっている神経に対してハイボルテージ、超音波等の施術を行い、痛みを緩和します。

 

骨格⇔筋肉⇔神経は関連してお互いに影響を受けます。

多くの方が骨盤の歪みから身体の重心が左右どちらかに傾いており、バランスが悪い状態になっています。バランスが悪い=身体を支える下半身の筋肉は緊張が強くなりますので、筋緊張が強い周辺の神経が過敏となり、痛みを起こすのです。

にこにこ鍼灸整骨院では、膝の痛みに対して骨格・筋肉・神経、患部を同時に施術することで早期回復と再発防止に努めています。

秋田市で何を試しても回復しない膝の痛みにお悩みの方はにこにこ鍼灸整骨院までお越しください。