半月板損傷

秋田市の皆さまへ!こんなお悩みはありませんか?

膝が痛い人のイラスト

  • 膝の曲げ伸ばしで痛みを感じる
  • 膝を完全に曲げたり伸ばしたりできない
  • スポーツの際中に膝をひねってから痛い
  • 膝に引っかかり感がある
  • 歩いているとガクッと膝が落ちることがある

半月板って何?

膝の構造イメージ半月板とは、大腿骨(太ももの骨)と脛骨(スネの骨)の間にある半月型の軟骨です。

半月板はC字形になっており、私たちが歩いたり走ったりする際に膝に掛かる荷重を分散したり、衝撃を吸収したりするクッションのような働きをしてくれています。半月板には膝の内側にある「内側半月板」と、外側にある「外側半月板」があります。

半月板損傷の原因は?損傷するとどうなる?

半月板は「年を取ると痛くなるところ」と思われがち。確かに半月板は加齢によっても傷つきやすくなりますが、若年者でもスポーツ活動においてストップやターンなどの動作で傷めることが多く、ジャンプの着地の際などに前十字靱帯の断裂に伴って損傷することもあります。小児では形態異常(円盤状半月板)でも痛みがみられることがあります。

半月板を損傷すると、膝の痛みや違和感、引っかかり感、膝の屈曲時の「ゴキッ」という異常音、酷くなると膝を動かせなくなるロッキングという状態を引き起こすこともあります。また、上記の不調に伴いって膝に水(骨液)が溜まることがあり、早期の対処が必要になります。

半月板損傷は断裂の仕方によって種類が分かれます。損傷があるかどうかは整骨院でも判断出来ますが、断裂の種類についてはMRIでの撮影が必要になります。MRI検査によって断裂の形態がわかれば、それをもとに整骨院でも適切な施術を行うことができますので、上記のような不調があらわれている方は一度病院でみていただくと良いかもしれません。

秋田市にこにこ鍼灸整骨院では

膝 テーピング半月板損傷は膝の関節内の損傷のため酷い場合は手術が適応になることがありますが、早期に適切な対処を行なえば保存療法でアプローチが可能です。

保存療法では、まずは膝を無理に動かさず安静にすることが大切です。当院では半月板損傷に対し、微弱電流や超音波機器を用いて炎症を抑える施術を行います。その後、膝の状態を見ながらHV電気や干渉波で膝周りの血行を促し、状態に応じてテーピング等で適切な固定を行います。

また、骨格の歪みや筋肉の凝りによって全身のバランスが崩れ、膝に負担が掛かっているケースも多く、必要に応じて骨格矯正筋肉調整も併せて行います。

どこへ行っても良くならない膝の痛みでお悩みの方は秋田市にこにこ鍼灸整骨院まで一度ご相談ください!