肘の痛み(野球肘・テニス肘)

秋田市の皆さまへ!こんなお悩みはありませんか?

  • 肘の内側や外側に痛みを感じる
  • 肘を曲げづらい・伸ばしづらい
  • 痛みでラケットやバットを振れない
  • タオルを絞ったりドアノブを回す動作が痛い
  • 早く治してパフォーマンスを上げたい

野球肘とテニス肘

野球肘

野球肩イメージ名前の通り、野球における繰り返しの投球動作を主な原因として起こる肘の痛みです。

医学的名称は「上腕骨内側上顆炎(じょうわんこつないそくじょうかえん)」です。成長期の子どもに多いと言われており、過度な投球により肘関節を保護している軟部組織の軟骨が剥がれたり、靭帯や筋肉、腱などが損傷したりすることで痛みが生じます。個人差はありますが、主に肘の内側が痛むケースが多いのが特徴です。

テニス肘

こちらも名前の通りテニスをしている人に多くみられる肘の痛みで、子どもよりも中年以降の世代(特に女性)に多いと言われています。テニス以外にもバドミントン・卓球などラケット競技や加齢による影響、スポーツをしていない方でも手を酷使する仕事をしている場合でも発症することがあります。

医学的名称は「上腕骨外側上顆炎(じょうわんこつがいそくじょうかえん)」です。肘の内側が痛む野球肘に対し、肘の外側~前腕にかけて痛むのが特徴です。

どんな支障が出るの?

野球肘による主な支障は、下記が挙げられます。

・ボールを投げると痛い
・手のひらを返す動作で痛む
・可動域制限(肘が伸びない、曲がらない)
・圧痛がある(押すと痛い)

初期では数週間投球を中止し、しっかりと休むことで復帰が可能ですが、悪化すると手術が必要になるケースもあります。まれに肘の筋肉が神経に触れ、手指にしびれや麻痺が引き起こされることもあります。

 

テニス肘による主な支障は、下記が挙げられます。

・ドアノブを捻る、開く動作で痛い
・物を持ち上げるのが痛い
・雑巾やタオルを絞ると痛い
・ペットボトルの蓋を開ける動作が痛い
・マウス操作やタイピング動作が痛い

野球肘同様、初期に適切な対処を行なえば比較的早期に回復が見込めますし、1年程安静にしていれば10人に8人は自然治癒すると言われています。しかし、痛みを我慢して重症化してしまうと、1~3ヶ月程の安静が必要になったり、手術を要するケースもあります。

秋田市にこにこ鍼灸整骨院では

にこにこ鍼灸整骨院では野球肘やテニス肘に対し、まずは患部にハイボルテージや超音波施術を行い、炎症を抑えるアプローチを行なっていきます。

また、肘の痛みは肘だけの問題でなく、全身的な問題(姿勢、上半身や股関節の柔軟性、フォーム等)にあります。

当院では患部へのアプローチだけでなく、骨盤の歪みを整える骨格矯正や凝り固まった筋肉を緩める筋肉矯正なども組み合わせて行い、早期回復・再発しにくい身体づくりを目指します。

肘は日常生活においても動かす機会が多く安静に出来ない分、痛みを我慢したり放置してしまうと治りが遅くなるケースもあります。

秋田市で野球肘やテニス肘などの肘の痛みにお悩みの方は一度、にこにこ鍼灸整骨院までご相談ください。