腱板損傷

秋田市の皆さまへ!こんなお悩みはありませんか?

  • 肩が上がらない
  • 肩に力が入りづらい
  • 腕を上げられない・外側に開けない
  • 夜、肩の痛みで眠れない
  • 他人に肩を動かされても痛くない

腱板損傷とは?|秋田市 にこにこ鍼灸整骨院

腱板 イメージ腱板(けんばん)損傷とは、肩の周囲4つの筋肉からなる筋肉群(=腱板)が傷ついた状態を指します。
腱板は「インナーマッスル」「ローテーターカフ」とも呼ばれ、肩甲骨と腕の骨をつなぐ棘上筋(きょくじょうきん)、棘下筋(きょくかきん)、小円筋(しょうえんきん)、肩甲下筋(けんこうかきん)という4つの筋肉からなります。
腱板は肩の動き出しを円滑にし、肩関節を安定させるために重要な役割を果たしています。腱板損傷が起こるとそれらの機能がうまく働かない状態になるため、肩(腕)を動かす作業にさまざまな支障があらわれます。

原因は?どんな不調があらわれるの?|秋田市 にこにこ鍼灸整骨院

腕の痛み イメージ腱板が損傷する原因には転倒や落下・重い物を持つなどの急激な肩への負荷で切れてしまう外傷性のもの、加齢性の変化で徐々に腱板がすり減り切れるもの、そのような状態に軽微な外傷が加わって起こるものなどがあります。

腱板損傷による主な不調は肩の痛みです。
痛みは初め、腕を頭よりも高く上げる活動中にのみ生じます(インピンジメント症候群)。悪化すると、腕を体側から60~120度離して上げたときに痛みが生じます。適切な施術を行わないと肩は安静時にも痛むようになり(腱炎)、しばしば夜間に痛みが生じて睡眠を妨げます。断裂すると、肩から腕を外側に開きにくい、または開くことができないといった状態になります。

腱板損傷の施術内容とは|秋田市 にこにこ鍼灸整骨院

秋田市 にこにこ鍼灸整骨院では、腱板損傷に対し、まずはしっかりとカウンセリング・検査を行います。状態を確認後、痛みを抑えるためのハイボルテージ施術、炎症を抑えるための微弱電流施術(MC)超音波施術でアプローチを行なっていきます。
また、肩の痛みは肩だけの問題ではなく、全身的な問題(骨格のバランス、上半身の使い方等)を抱えているケースがほとんどです。
秋田市 にこにこ鍼灸整骨院では、痛みが出ている箇所へのアプローチだけだけではなく、骨格の歪みを整える骨格矯正、凝り固まった筋肉を緩める筋肉調整、深層部の筋肉や神経にアプローチできる鍼灸施術などを組み合わせた施術で早期回復・再発しにくい身体づくりを目指します。また、スポーツをされている方に関してはスイング等の動作がスムーズに出来るよう、可動域の改善や左右のバランスを整えて再発防止を行います。

日常生活において肩や腕は動かす機会が多く、安静にするのが難しい分、痛みを我慢したり放置したりしてしまう方が多いです。その結果、回復が遅くなり悪化してしまうケースがほとんどですので、違和感を感じたり痛みが少ないうちに施術を行うことをおすすめします。
秋田市で腱板損傷でお悩みの方は、ぜひ1度にこにこ鍼灸整骨院までご相談ください!

腱板損傷Q&A|秋田市 にこにこ鍼灸整骨院

Q.肩が夜に痛みます。整骨院に行っても大丈夫ですか?
A.はい、大丈夫です。
同じ肩の痛みでも、五十肩、腱板損傷、野球肩などさまざまなです。当院ではカウンセリングと検査をしっかりと行い、痛みの原因をお調べした上で施術を行なっていきます。お一人おひとりの状態に合わせて施術を行いますので、まずは1度お越しください。

Q.腱板損傷でも保険は使えますか?
A.1度お越ししていただき、カウンセリング・検査等をさせていただいた上での判断になります。
是非1度、秋田市 にこにこ鍼灸整骨院までご相談ください。

Q.腱板損傷に対してはどんな施術をしますか?
A.秋田市 にこにこ鍼灸整骨院では、不調の緩和のみを行うのではなく、不調の原因からアプローチをすることで改善と再発防止までを含めた『根本回復』をコンセプトとした施術を行っております。そのため、お客様お一人おひとりの状態に合わせて手技や鍼灸施術、電気施術、矯正施術などを組み合わせてアプローチいたします。お気軽にご相談ください。

川原 僚太

執筆者:

柔道整復師/鍼灸師 (治療家歴5年)

資格取得後、大仙市・にこにこスポーツ整骨院の勤務を経て、秋田市・にこにこ鍼灸整骨院 茨島院 院長に就任。
様々なセミナーや勉強会に参加して得た技術や知識を元に、お身体の痛みや疲れ、歪み等の不調に対して適切な施術を行っています。

詳細はこちら