脊柱管狭窄

秋田市の皆さまへ!こんなお悩みはありませんか?

ヘルニアイメージ

  • 慢性の腰痛持ちである
  • 病院で脊柱管狭窄と言われた
  • 足やお尻に痺れを感じる
  • 長距離歩行が辛いが、少し休めば歩ける
  • 病院に行ったがあまり良くならない

脊柱管狭窄とは?

脊柱管狭窄とは

背骨には、脳から体へと続く神経である脊髄が通るトンネルがあります。このトンネルの事を「脊柱管」と呼びます。

脊柱管狭窄は、この脊柱管が加齢による骨や靭帯の変性、椎間板の膨隆などにより狭くなる事で神経を圧迫し、様々な不調を起こすものです。中には、すべり症や椎間板ヘルニアなどに続発して起きるケースもあります。

 

どんな不調があらわれるの?

坐骨神経痛のイメージ主に、腰・背中の痛み、お尻・足・腕の痺れなどです。

また、脊柱管狭窄の中でも代表的なのが60代以降に多い「腰部脊柱管狭窄」です。上記のような不調に始まり、進行すると残尿感や失禁などの排尿障害につながっていきます。

腰椎ヘルニアや坐骨神経痛とよく似ていますが、安静にしているとほとんど不調を感じないケースが多いです。また、長時間歩行が困難なものの、休んだり前かがみになったりすると楽になり、また歩けるようになる(=「間欠性跛行」)のも特徴の1つです。

脊柱管狭窄は予防できる?

加齢による背骨の変化を防ぐのは難しいものの、脊柱管狭窄の予防に大切なことは日頃から運動を行い、筋力をつけておくことです。

また、骨盤の歪みなどにより背骨への負担が大きくなることは悪影響ですので、普段の生活では日頃から姿勢に気を付けましょう。体を冷やさないようにすることも大切です。

にこにこ鍼灸整骨院では

にこにこ鍼灸整骨院では、電気施術器などを用いて神経に沿って刺激を与え、炎症を抑えながら痛みを強力にブロックしていきます。

それと同時に、骨盤矯正と筋肉調整、ストレッチを行うことで背骨への負担を減らしていきます。また、腹筋や背筋、インナーマッスルなどの筋肉の血流を良くする為に、ご自宅で簡単に出来るストレッチ指導も行います。

秋田市で何をしても回復しない不調にお悩みの方は、にこにこ鍼灸整骨院までお越しください。