オスグッド・成長痛

秋田市の皆さまへ!こんなお悩みはありませんか?

  • 膝の下が腫れて痛い
  • スポーツを休んでいても痛みが変わらない
  • ダッシュ、キック、ジャンプ等の動作が痛む
  • 整形外科に通っても回復しない
  • 痛みで思うようなパフォーマンスができない

オスグッドとは?原因は?

オスグッドは小学生高学年~中学生の成長期における代表的な不調であり、膝のお皿の下あたりに痛み、腫れ、熱感などが生じます。正式名称はオスグッド・シュラッター病と言い、「成長痛」とも言われます。

オスグッドは、サッカーやバスケットボール、バレーボールなどのダッシュやジャンプ動作が多いスポーツで多く発生します。

ダッシュやジャンプには膝の屈伸動作が多く、この時、の下の脛骨粗面(けいこつそめん)が太ももの筋肉に引き伸ばされ、負荷がかかります。この負荷が繰り返しかかることで炎症がおき、痛みを感じます。

また、小学生高学年~中学生にかけての成長期には急激に伸長が伸び、骨も急成長をします。骨に対して「軟部組織」と呼ばれる筋肉や腱は同じように成長しないことも脛骨粗面へ負荷が加わる原因となってしまいます。

悪化するとどうなる?

オスグッドが悪化すると、脛骨粗面にくっつく腱が太ももの筋肉の牽引力により剥がされてしまいます。これは骨折です。

初期なら短期間スポーツ活動を一部制限し、安静にしていれば回復することが多いです。しかし、中には回復までに数か月~1年程度の安静が必要となるケースもあり、状態によっては手術が必要になることもあります。

お父さん・お母さんへ

成長期は大会なども多く、何週間、何か月と休むのはお子様にとっても辛いことでしょう。

お子様は、大会で結果を出したい、最高のパフォーマンスを発揮したいと頑張っているものの、膝の痛みで思うようなプレーができない…と悩んではいませんか?

お子様が成長痛に悩み、苦しんでいるのを一番近くで見ているお父さん・お母さんもとてもお辛いと思います。

にこにこ鍼灸整骨院では、施術だけではなく復帰に向けての計画もご相談させて頂きます。はじめてお越しになられる際は同席されることをオススメします。

一般的な施術

一般的には大腿四頭筋のストレッチ、患部のアイシング、電気施術などを行います。そして安静を指示され、時には「成長期だから仕方ない」と言われてしまう場合もあります。

にこにこ鍼灸整骨院のオスグッド施術

にこにこ鍼灸整骨院で行うのは、患部のみの施術ではありません。

まずは骨格に問題が無いか、身体の歪みを見ます。多くの方が骨盤の歪みから身体の重心が左右どちらかに傾いており、バランスが悪い状態になっています。

バランスが悪い=膝へ負担がかかりやすく、負担を軽減しようと膝周辺の筋肉は緊張します。緊張が強い周辺の神経が過敏となり、痛みを起こします。

骨格・筋肉・神経は関連してお互いに影響を受けます。

にこにこ鍼灸整骨院では、骨格の問題は「骨盤矯正」を行い、筋肉の緊張は「筋肉調整」で緩め、敏感になっている神経に対してはハイボルテージ施術でアプローチしていきます。

患部だけでなく原因をしっかりと見極め、早期回復再発予防をめざした施術を行っていきます。お子様の状態や復帰に向けての計画なども丁寧にご説明させていただきますので、親御さんもお気軽にお越しください。

秋田市で成長期の膝の痛みにお悩みの方はにこにこ鍼灸整骨院までお越しください。