オーバーユース症候群

秋田市の皆さまへ!こんなお悩みはありませんか?

  • 運動中の関節の痛み
  • 仕事中の手首や指の痛み
  • 日常生活において常に痛みを感じる
  • 病院に行ったら「使いすぎ」と言われた
  • 痛みでスポーツができず困っている

オーバーユース症候群って?|秋田市 にこにこ鍼灸整骨院

様々な不調イメージオーバーユース症候群とは、使い過ぎによって筋肉をはじめとした運動器が炎症や痛みを生じることを言います。筋肉の他にも腱や靭帯などの炎症や損傷によって起こることもあります。
多くの場合、過剰なスポーツ活動やトレーニングによって起こると考えられており、安静にしていれば自然に回復していくものもありますが、重度の場合は手術などが必要になるケースもあります。

原因は?身体にどんな影響が出るの?|秋田市 にこにこ鍼灸整骨院

オーバーユース症候群は過剰なスポーツ活動や、繰り返しの作業・日常生活動作などで引き起こされます。
負荷が大きすぎたり頻度が高すぎたりなどトレーニング量の問題、体格に合わない重量の器具を使用したり悪いフォームで練習を行うなど誤ったトレーニング方法休養・栄養不足などが主な原因です。
また、反復運動の繰り返しによって感じる痛みや腫れが完治していない場合や筋力の柔軟性が低下している場合、体重が急激に増えた場合、古傷に痛みがある場合などにも起こりやすくなります。

オーバーユース症候群は、特にケガをした覚えがないのに痛みがひどくなっていくことで疑われます。痛む箇所に体重をかけた時や、動作の行い始めだけで痛むようになる場合もあります。痛む箇所が熱を持ち、腫れや赤みが見られたり圧痛が生じることもあります。悪化すると、スポーツ活動中にも痛みを感じるようになり、さらに進行するとスポーツをするのが苦痛になるほど痛むこともあるため、トレーナーだけではなく指導者が正しい知識を身に着け、選手のサインを見逃さないようにすることが重要です。

オーバーユース症候群の施術内容|秋田市 にこにこ鍼灸整骨院

矯正 イメージ秋田市 にこにこ鍼灸整骨院では、オーバーユース症候群に対し、まずはしっかりとカウンセリング・検査を行います。状態を確認後、痛みを抑えるためのハイボルテージ施術、炎症を抑えるための微弱電流施術(MC)超音波施術でアプローチを行なっていきます。
また、オーバーユース症候群は使いすぎだけが問題ではなく、全身的な問題(骨格のバランス、下半身の筋肉バランス等)を抱えているケースがほとんどです。
スポーツインソール秋田市 にこにこ鍼灸整骨院では、不調があらわれている箇所へのアプローチだけだけではなく、骨格の歪みを整える骨格矯正、凝り固まった筋肉を緩める筋肉調整、深層部の筋肉や神経にアプローチできる鍼灸施術などを組み合わせた施術で早期回復・再発しにくい身体づくりを目指します。また、膝の痛みなどの場合、足型測足を行いインソール矯正靴下を提供させていただくなど、根本的な回復に努めます。

秋田市でオーバーユース症候群でお悩みの方はぜひ1度、にこにこ鍼灸整骨院までご相談ください!

オーバーユース症候群Q&A|秋田市 にこにこ鍼灸整骨院

Q.スポーツの練習がハードで身体が痛くなってきました。整骨院に行っても大丈夫ですか?
A.はい、大丈夫です。
お身体の可動域や痛み方をカウンセリング・検査で丁寧に確認させていただき、状態に合った施術プランをご提案させていただきます。

Q.オーバーユース症候群でも保険は使えますか?
A.1度お越ししていただき、カウンセリング・検査等をさせていただいた上での判断になります。
是非1度、秋田市 にこにこ鍼灸整骨院までご相談ください。

Q.オーバーユース症候群の症状にはどんな施術をしますか?
A.秋田市 にこにこ鍼灸整骨院では、不調の緩和のみを行うのではなく、不調の原因からアプローチをすることで改善と再発防止までを含めた『根本回復』をコンセプトとした施術を行っております。そのため、お客様お一人おひとりの状態に合わせて手技や鍼灸施術、電気施術、矯正施術などを組み合わせてアプローチいたします。お気軽にご相談ください。

柳舘 晃太

執筆者:

柔道整復師/鍼灸師(治療家歴3年)

資格取得後、 秋田市・にこにこ鍼灸整骨院 茨島院の勤務を経て、秋田市・にこにこ鍼灸整骨院 外旭川院 院長に就任。
店舗外でもトレーナー活動に積極的に参加し、トップアスリートから学生まで数多くのケアを担当。ケガや痛みに対して適切な施術を行っています。

詳細はこちら