シンスプリント

秋田市の皆さまへ!こんなお悩みはありませんか?

捻挫・肉離れ・スポーツ外傷イメージ

  • 運動後にすねがジンジン痛む
  • 運動中も痛みを感じるようになってきた
  • ダッシュやジャンプなどの動作時に痛む
  • 運動量が急激に増えた
  • ふくらはぎのストレッチですねが痛む

シンスプリントとは

シンスプリントはオーバーユースの1つであり、下腿(すね)の内側に腫れや痛みが起こります。

ランニング動作やジャンプ動作を繰り返し、過度に行った場合に発症しやすく、スポーツの中でも陸上競技の中距離・長距離、バスケットやサッカー等の競技で好発します。「過労性脛骨骨膜炎」とも呼ばれます。

また、特にシーズン初め中高生の新人選手がハードな運動を行なった際に起こりやすく「初心者病(素人病)」と呼ばれることもあります。

放っておくとどうなるの?

打撲イメージシンスプリントの痛みは骨折のような激痛ではなく、鈍痛なのが特徴です。

我慢・放置をしてしまうと初期では運動後に痛む程度だったのが、進行すると運動中や安静時も痛みを感じるようになります。

痛みや腫れを放置したままスポーツを続けると重症化して疲労骨折となり、しばらく運動禁止となる可能性もあるので、早期に適切な処置を受ける必要があります。

にこにこ鍼灸整骨院のシンスプリント施術とは

秋田市にこにこ鍼灸整骨院ではシンスプリントに対し、まずはハイボルテージや超音波を用いて炎症を抑えるアプローチから行なっていきます。

それから、シンスプリントはすねだけの問題ではなく、足首・膝関節・股関節・骨盤などの関節の歪みによって周りの筋肉に過度な負担がかかることが根本原因です。

当院では、丁寧なカウンセリングと検査で原因を見極め、骨格矯正で歪みを整え、筋肉調整で凝り固まった筋肉をゆるめるアプローチなども併せて行います。

扁平足や外反母趾が原因となっている場合も多く、状況によってインソール(中敷)をご案内いたします。

秋田市でスポーツ中のすねの痛みにお悩みの方、病院でシンスプリントと言われて早く治したい方は、にこにこ鍼灸整骨院までご相談ください。